このブログにでてくるキャラクター設定です。

かなりの厨二病設定であり、気分を害される可能性があります。その際は素直に『戻る』をクリックしてください。



kozakki-.jpg
<名>コザッキー
<役職>管理人
<種族>ヒューマン
<属性>『夢見がちな現実主義者』or『掃除嫌いな綺麗好き』
<性格>うっかりや
<能力>『妄想具現化~マーブルファンタズム~』・『階段崩し~ロード・カタストロフィー~』
<好き>澪・デッキいじり・カーム・相手の驚く(絶望する)顔・オーバーキル
<嫌い>勉強・マナーの悪い人・自分の計画通りに進まないこと
<悩み>最近ネタが少ない…
<持病>『YD』(りたいことしかきない病)
<作成>『エリザベスクェーサー(初期)』・『ミラクるんトゥメィトゥ』等

某王国動画において、ファンデッキ『エリザベスクェーサー』を構築した張本人であり、このブログの管理人。
「普通のガチデッキを作るのは誰にでもできる。でも面白いデッキを作るのは、はるかに難しい…。」とほざき、アニメや漫画のキャラにあわせたデッキを作ることに生きがいを見出しているファンデッカー。(これは、決してトーナメントプレイヤーをバカにしたコメントではないと断言している。)
所持しているデッキ、特に遊戯王においては「相手が飽きるよりも先に自分が飽きるようにしたい」ということでいつも十数個のデッキを常備、その中でガチデッキは基本1~2個しか用意していなく、他は全てファンデッキ。
暇なときはだいたいWikiや他人のブログをチェックしているため、新弾のカード情報、カードのややこしい裁定などはほぼ網羅、持っている情報量は決して少なくないため、あらゆるファンデッキを作る可能性を持っている。
そのファンデッキを構築するときに使用する大能力(レベル4):『妄想具現化~マーブルファンタズム~』は、ファンデッキを作る際に、キャラを頭の中で妄想することでそれを遊戯王カードに具現化し、その後頭の中でテストプレイするという、非常に気持ち悪い能力であるが、『エリザベスクェーサー』構築時にこの能力が暴走し、後述する”ロ澪”が出現、デッキ構築能力としては6割ぐらいに減少し、本人いわく「『エリザベスクェーサー』の完成度を超えるデッキを作り上げることは難しい…。」と発言している。
その後は『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって”つっきー”を呼び出すことができるくらいには回復しているが、いまだにデッキ構築時は”ロ澪”の力を借りて作ることが多い。
プレイヤーとしての腕はたいしたことなく、よくプレイングミスを繰り返しては”ロ澪”などにつっこまれることが多い。(最近では、相手の場に”ヴェルズ・オピオン”がいるのに、”氷結界の龍トリシューラ”を出そうとしてた…。)
ちなみにもうひとつの大能力(レベル4):『階段崩し~ロード・カタストロフィー~』は、大会などにおいて、全勝者vs一敗者のいわゆる階段戦に自分がなったとき、『必ず全勝者が負ける』という能力であり、実に大会運営に協力的な能力である…。

2014年11月12日、音響戦士が4年の月日を経て強化された…。そのとき、彼は涙を流しながら1killへの道を突き進んだのだった…。



romio1.jpg
<名>ロ澪
<役職>『エリザベスクェーサー』担当、兼つっきー補佐、兼精霊長
<種族>シルフ
<属性>『口調厳しい寂しがりや』
<性格>さみしがり
<能力>強能力(レベル3)『Listen!』
<好き>エリザベス・デッキ構築・フラゲ・考察
<嫌い>お化け・幽霊・騒がしい空間(眺めるのは好き)
<悩み>つっきーの相手をするのがきつい(こわい)…。
<作成>『エリザベスクェーサー』・『手札多くなイカ?減らすゲソ!』・『真剣で私に捧げなさい!』等

コザッキーが『エリザベスクェーサー』を構築したその日、ゲーセンに立ち寄ったときに『妄想具現化~マーブルファンタズム~』が暴走、その際に出現した精霊(英霊?)。
このときに、コザッキーは『妄想具現化~マーブルファンタズム~』の能力の4割近くを失っているため、ファンデッキ構築時にはコザッキーに囁き、ファンデッキのヒントを出すことが多い。(このとき、コザッキーはいきなりアイディアをひらめいた感覚に陥る。)
口調は基本はふつうだが、コザッキーに対してはかなりの毒舌。
ロ澪にとってコザッキーは一応気にはしている存在ではあるが、『好き』という感情は一切なく、『ほっとけない』という感情が強いらしい…。
それゆえか、コザッキーがアホな発言をしたりする際に表現される「…」には『あきれて物をいえない状況』か『何か保護動物を見るような視線』が表現されている。
カードの知識は、ほぼ毎日暇なときにコザッキーと共にWikiや他人のブログをチェック、そしてコザッキーとは記憶力や手際の良さが段違いであり、コザッキーの知識をはるかに上回る情報量を記憶している。
プレイヤーとしての腕は、前述した情報量を活かして、相手の行動を読みながら戦う戦法をとっており、プレイングミスの多いコザッキーは足元にも及ばない。
特に、劣勢時において発動するロ澪の強能力(レベル3):『Listen!』は、カードの声を聞き、勝利への道筋を数パターンイメージ、そこから相手の行動まで読みきり、一気に逆転勝利まで引き戻す、積み将棋のような大技。ただ、ロ澪いわく、「1回の使用で寿命が3年縮まる(と思うぐらい疲れる。)。」と発言している。



tukuyomi1.jpg
<名>つっきー
<役職>遊戯王(ぶっぱ)担当
<種族>ノーブル
<属性>『なんと言おうとただの神』
<性格>わんぱく
<能力>絶対能力(レベル6)『月影勾玉~ムサカニノマガダマ~』
<好き>ゲーム・パズル・ソリティア
<嫌い>特にない
<悩み>特にないけど、よくアホな子に見られる…
<作成>『魔轟神』・『星屑との握手』・『~~リィンフォース』等

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された神様、『月詠』。
いわゆる月の神であり、本来は非常に強大な力を持っていたが、その時呼び出したコザッキーの『妄想具現化~マーブルファンタズム~』が不完全であったため、完全な状態で具現化されることはなく、力の9割近くを失った状態となっている。
それゆえに、口調は間延びした感じになり、少し子供っぽい印象が強く、コザッキー・ロ澪両方ともになついている。(二人もつっきーに対しては甘い。)
また、カードにおける知識をほとんど失ってしまい、よくコザッキーやロ澪に質問しているが、もとより存在している、文字通り神がかり的なプレイングセンスと常軌を逸した頭の回転の速さゆえの判断力・考察は健在である。
プレイヤーとしての腕は、力を失った現在の状態においても、コザッキーとロ澪かぁむえりあを同時に相手しても余りあるほどのチート性能…。
また、第2回DNグランプリの直後、コザッキーの『妄想具現化~マーブルファンタズム~』が不安定となり、暴走・闇堕ちし、すぐさまロ澪によって封印された。このとき、言語能力はさらに欠落し、時折文字化けのようなしゃべり方をしていた。また、いつも以上に笑っていた。
滅多に使うことはないが、つっきー最強の絶対能力(レベル6):『月影勾玉~ムサカニノマガダマ~』は、相手の公開領域における情報から相手の次の一手などを推測していく能力であり、完全な状態においては、相手のカード2~3枚などから、相手の手札や伏せカード、場合によっては次のドローカードまで読み取ることができる。
この能力を1度使われたコザッキーいわく、「カードゲームをしてて、つっきーが初めて恐ろしく思った…。」と発言している。



calm_20120305171523.jpg
<名>かぁむ
<役職>監査
<種族>ノーム
<属性>『無口毒舌』
<性格>れいせい
<能力>超能力(レベル5)『山札掌握~ライブラリ・アウト~』
<好き>メンマ・ウィンダ・グリフ
<嫌い>現在の禁止制限
<悩み>制限改訂の度にひどく落ち込む性格
<作成>『デッド・ガスター』・『皇の収集機』・『らぎ☆すた』等

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された精霊。最近、ガスタデッキを作り続けた際に発現した。
コザッキーの『妄想具現化~マーブルファンタズム~』が不完全なのが原因かどうかは定かではないが、基本言葉を発せず、一言つぶやく感じの会話が大半を占める。しかも、その一言はかなり厳しく、よくコザッキーの心を抉っている。
生まれたころからメンマが好きであったが、制限改訂のときメンマが収容され、そのときから制限改訂の度にまだかまだかとメンマの制限復帰待ち望んでいる…。
ウィンダ、グリフもそのことはよく知っていて、いつもその度にかぁむを慰め、支え続けている。
(一説では、制限改訂でメンマを失ったショックで言語能力が欠如したのではないか、という説もある…。)
そして、かぁむの超能力(レベル5)『山札掌握~ライブラリ・アウト~』は、自分の身(LP)を犠牲にして味方(手札)を増やし続ける大技だが、メンマの収容以降、その力は封印されている…。



eria.jpg
<名>えりあ
<役職>ヴァンガード担当(櫂君ハァハァw)
<種族>ヒューマン
<属性>『マニアもオタクも意味一緒だよね!?w』
<性格>むじゃき
<能力>強能力(レベル3)『流水領域~アクエリア・エリア~』
<好き>アニメ・マンガ
<嫌い>野球試合の延長によってずれる録画
<悩み>よくコザッキーと同調することが多い…。
<作成>『エリアブソリュトアシドグング』・『ヴェノミなでこ』

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された精霊。最近、通称『エリアブソリュトアシドグング』を作りあげた際に発現した。
性格はつっきー並に明るく適当…、またかなり漫画、アニメに詳しい…。
そのため、よくコザッキーと話があうようで、その度になぜか反省しているらしい…。
時々デッキ紹介もするが、作るデッキもそこまで複雑ではなく、性格も性格なので、かなり適当で投げやりな感じになることが多い。
えりあの強能力:『流水領域~アクエリア・エリア~』は負けてもすぐに水にながし、まるでなかったことにする、驚異の能力である。(…ぇ)



azukyatto.jpg
<名>あずキャット
<役職>…補佐
<種族>ハイビースト
<属性>『世話好きやきもち意地っ張り』
<性格>まじめ
<能力>大能力(レベル4)『~~』←調整中
<好き>ロ澪
<嫌い>コザッキー(!?)
<悩み>周りに真面目な人(精霊?)が少ない
<作成>『じゃじゃ馬reinbow』

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された精霊。最近、通称『じゃじゃ馬reinbow』を作りあげた際に発現した。
コザッキーのことはあまり好きではないが、常識の範囲内でフォローすることがある。
ロ澪のことを慕っている。
また、よく他の人のブログにいって手伝いをすることもある。



huuko.jpg
<名>ふぅこ
<役職>ポケモン担当
<種族>ウィングドラゴン
<属性>『流星蜻蛉の男の娘』
<性格>しんちょう
<能力>大能力(レベル4)『流星蜻蛉~シューティング・フライ~』
<好き>努力してくれる人
<嫌い>種族値の壁
<悩み>よく、劣化ガブといわれる…。

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された精霊。フライゴンの擬人化…。
ポケモン考察担当。
フライゴン兄弟の長男:男の娘。(ゲーム内では♂のため…www)
HBDSの4Vであり、基本は岩地面電気を流しつつ、流星群蜻蛉につなげる(『流星蜻蛉~シューティング・フライ~』)
コザッキーはポケモンでフライゴンが大好きなため、ただいま様々な型で量産中…。グループ名は『FLG8』

ex)
・ふぅな:長女:H20B4C252S232(最速80抜き、実数146(固体値24))【眼鏡流星群】…控え目な眼鏡っ娘。『私の流星群なんて、たいしたことないですよ~///』
・ふぅや:次男:H28(H:16n-1調整、実数159)B248S204残りC【身代砂ドレ】…図太い引きこもり。『外砂嵐だし、おれはいいよ。ゆっくりしてくれば?』
・ふぅろ:次女:H4A252S252【物理スカーフ】…寂しがりなツンデレ物理アタッカー。『…うっ、うるさい!地震でもくらってなさい///』
・ふぅか:三女:A100C204S204(最速80族抜き、実数146)【タイマン両刀】…両刀使いのおっとりお嬢様。『あらあら。とりあえず、流しますか。』
・ふぅよ:四女:H4C252S252【晴れソラビ】…ぽかぽか陽気のうっかりや。『いけねっ!ソラビ溜めるの忘れた!?』
・ふぅち:五女:H4A252S252【鉢巻逆鱗】…鉢巻巻いた意地っ張り。『行動不能?構うもんか、逆鱗くらえ!!』
・ふぅの:三男:H252D4S252【スカーフ地割れ】…陽気な必殺仕事人。『とりあえず、当たれ~♪』
・ふぅー:六女:H252(実数187)A4S252【追い風蜻蛉】…せっかちな電波少女。『行って…風が止む前に…。』



meri-.jpg
<名>めりー
<役職>ポケモン担当補佐
<種族>ハイビースト
<属性>『もふもふ』
<性格>おだやか
<能力>強能力(レベル3)『静電気~サイレント・スパーク~』
<好き>あったかいところ・もふもふした物体
<嫌い>湿気・静電気
<悩み>髪が静電気でまとまらない

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された精霊。メリープの擬人化…。
ポケモン考察担当:ふぅこの補佐。
髪の毛が静電気の影響で、よく『バチバチ』や『パチパチ』と音がしている。
えりあが髪を整えようとしたら、静電気で麻痺した…。



ruri.jpg
<名>るり
<役職>Z/X担当
<種族>ドリアード
<属性>『ふぁ~、ずーっとこうしていたいよぅ…』
<性格>のうてんき
<能力>大能力(レベル4)『永眠安眠~おやすみなさい~』
<好き>のんびりごろごろ…。
<嫌い>仕事
<悩み>働いたら負けかなと思っている…

コザッキーの能力:『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出された精霊。Z/X担当。
ものすごくのんびり屋で、ほとんど仕事はしない…ただ、するときはちゃんと仕事する。
口癖はごろごろしながら『ずーっとこうしていたいよぅ…』とつぶやくことであり、だいたい寝てる。









この辺にいるらしい…。
<名>守護天使:あっかり~ん
<役職>広報
<種族>エンジェル
<属性>『私はいつでもそばにいるから…』
<性格>ひかえめ
<能力>大能力(レベル4)『幻影虚影~アッカリーン・ファントム~』
<好き>基本みんな大好き!!
<嫌い>台所の黒い生命体…
<悩み>気づかれない…
<作成>今のところなし…

このブログ、さらには世界を見守っている大天使であり、コザッキーが『妄想具現化~マーブルファンタズム~』によって呼び出した。
しかし、毎回不完全な具現化により、その姿は誰にも見えず、声だけが聞こえる。このブログの地の文は実は守護天使:あっかり~んが読んでおり、そのことは誰にも知られていない。つっきーは彼女の姿を3割ぐらいは見えているらしいが、真相は明らかではない…。
守護天使:あっかり~んの大能力(レベル4):『幻影虚影~アッカリーン・ファントム~』は相手に自分の伏せカードや墓地のカードの存在を消し、相手に悟られなくなるという、脅威的な能力。これをされた相手はよく、「いつの間に、あんなカード伏せてたんだ?」・「いつ、あれが墓地に落ちた?」などと口にしている。ちなみにこの能力はデフォルトで備わっており、守護天使:あっかり~んはこの能力の存在を知らないらしい…。



…いかがだったでしょうか?

おそらくSSなんかよりも、かなりひどい出来だと思います。

長々長文駄文失礼しました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。