…興奮せずにいられるか…

はいこれ!!

ギータス

音響戦士 ギータス  機械 ☆3 1500/100 ペンデュラム
スケール/:”音響戦士 ギータス”のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。

(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

サイサズ

音響戦士 サイザス  機械 ☆4 1200/1900 リバース
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから”音響戦士 サイザス”以外の「音響戦士」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、”音響戦士 サイサズ”以外の自分のフィールド・墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。このカードはエンドフェイズまで、そのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(3):墓地のこのカードを除外し、”音響戦士 サイサズ”以外の除外されている自分の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。


アンプリファイア

アンプリファイヤー 場魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、「音響戦士」カードの効果が発動する度にこのカードに音響カウンターを1つ置く。
(2):フィールドの「音響戦士」モンスターの攻撃力は、このカードの音響カウンターの数×100アップする。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの音響カウンターを5つまたは7つ取り除いて以下の効果を発動できる。
●5つ:フィールドの「音響戦士」カードの数×300ダメージを相手に与える。
●7つ:フィールドの「音響戦士」カードの数まで、相手のフィールド・墓地のカードを選んで除外する。

…泣いてもいいですか…?

音響戦士がきてから4年…最強の音響戦士が登場しました…

いまから全デッキ組みなしてきます!!w

失礼しました~♪w
スポンサーサイト

てことで、”コザッキー”です♪

てことで今回はあのデッキ、新しい型を紹介します♪

エリザベスクェーサー無式~夢幻旋律~(42)
<モンスター>(23)
3 炎竜星-シュンゲイ
3 地竜星-ヘイカン
3 水竜星-ビシキ
3 音響戦士ベーシス
3 光竜星-リフン
3 風竜星-ホロウ
3 レベル・スティーラー
2 金華猫

<魔法>(13)
3 サイクロン
2 補給部隊
2 竜星の輝跡
2 ワンチャン!?
1 大嵐
1 おろかな埋葬
1 死者蘇生
1 ワン・フォー・ワン

<>(6)
3 激流葬
2 時空の落とし穴
1 神の警告

<エクストラ>(15)
1 シューティング・クェーサー・ドラゴン
1 シューティング・スター・ドラゴン
1 氷結界の竜 トリシューラ
2 輝竜星-ショウフク
1 琰魔竜 レッド・デーモン
1 クリムゾン・ブレーダー
1 スクラップ・ドラゴン
1 月華竜 ブラック・ローズ
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 獣神 ヴァルカン
1 幻層の守護者アルマデス
1 TGハイパー・ライブラリアン
1 フォーミュラ・シンクロン
1 シャイニート・マジシャン



輝竜星-ショウフク  幻竜 ☆8 2300/2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
②:1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。

炎竜星-シュンゲイ  幻竜 ☆4 1900/0
「炎竜星-シュンゲイ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「炎竜星-シュンゲイ」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、攻撃力・守備力が500アップする。

地竜星-ヘイカン  幻竜 ☆3 1600/0
「地竜星-ヘイカン」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「地竜星-ヘイカン」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、戦闘では破壊されない。

水竜星-ビシキ  幻竜 ☆2 0/2000
「水竜星-ビシキ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「水竜星-ビシキ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、罠カードの効果を受けない。

風竜星-ホロウ  幻竜 ☆1 0/1800
「風竜星-ホロウ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「風竜星-ホロウ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、魔法カードの効果を受けない。

光竜星-リフン  幻竜 ☆1 0/0 チューナー
「光竜星-リフン」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「光竜星-リフン」以外の「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「竜星」モンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合除外される。

竜星の輝跡 通常魔法
「竜星の輝跡」は1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の墓地の「竜星」モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスター3体をデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキからカードを2枚ドローする。



…今までの【エリクェ】が『受け流す』タイプなら、この【エリクェ】は『受け切る』タイプ…

…え?ただの【竜星】?…まぁ否定はしないけど、このデッキならではのメリットもある…

まず、クェーサーのルートを…w

~準備~
場:竜星1枚
墓地:”光竜星-リフン”、”レベル・スティーラー
手札:”音響戦士ベーシス”出すカード1枚

1:竜星が破壊されて(ここから始まります)、手札枚数と相談した竜星をリクルートしつつ、墓地の”光竜星-リフン”の効果で、自己蘇生。

2:自分ターン、”音響戦士ベーシス”を出す。(通常召喚でも可能、リフンがいるので、”ワンチャン!?”でサーチも可能)

3:リクルした竜星と”音響戦士ベーシス”でシンクロ→”輝竜星-ショウフク”。

4:”輝竜星-ショウフク”のレベル1下げて”レベル・スティーラー”蘇生。

5:”輝竜星-ショウフク”の効果で、”レベル・スティーラー”破壊して”音響戦士ベーシス”蘇生。

6:”輝竜星-ショウフク”のレベル1下げて”レベル・スティーラー”蘇生。

7:”音響戦士ベーシス”の効果使い”レベル・スティーラー”とシンクロ→”TG-ハイパー・ライブラリアン”。

8:”輝竜星-ショウフク”のレベル1下げて”レベル・スティーラー”蘇生。

9:”光竜星-リフン”と”レベル・スティーラー”シンクロ→”フォーミュラ・シンクロン”。

10:(8-3)+5+2=12…b



…ということです♪w

相手が攻撃したら、なぜか次のターン制圧している…そーゆーデッキです♪

なんだかんだで”ワンチャン!?”が使いやすかったりで、結構かみ合っていますw

…まぁ、”ジャンク・シンクロン”とかのほうがうまくできそうなのはナイショ…w

では、今回はこの辺で…

長々長文失礼しました♪w

…コザッキーです。

今回は7月発売の『SHADOW SPECTERSの情報です。

…え?…『お前、昨日の今日でフラゲ情報かよ!?』という声が聞こえてきそうですねwww

今回は紹介したいから紹介しますww

ゴーストリック・アルカード  アンデット ランク3 1800/1600
レベル3モンスター×2
相手はこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたモンスター及び裏側守備表示のモンスターを攻撃対象に選択できない。このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。「ゴーストリック・アルカード」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。また、このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地からこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。

ゴーストリック・キョンシー  アンデット ★3 400/1800
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードがリバースした時、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数以下のレベルを持つ、「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。「ゴーストリック・キョンシー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

ゴーストリック・シュタイン  アンデット ★3 1600/0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを時、デッキから「ゴーストリック」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。「ゴーストリック・シュタイン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

ゴーストリックの雪女  魔法使い ★2 1000/800
ゴーストリック雪女
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードを破壊したモンスターは裏側守備表示になり、表示形式を変更できない。

ゴーストリックの魔女  魔法使い ★2 1200/200
ゴーストリック魔女
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを裏側守備表示にする。

ゴーストリック・ランタン 闇 悪魔 ★1 800/0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、または自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にし、このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。

ゴーストリック・スペクター 闇 悪魔 ★1 600/0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、「ゴーストリック」と名のついたモンスターが、相手のカードの効果または相手モンスターの攻撃によって破壊され自分の墓地へ送られた時に発動できる。このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚し、デッキからカードを1枚ドローする。

ゴーストリック・ハウス フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのフィールド上のモンスターは、裏側守備表示のモンスターに攻撃できず、相手フィールド上のモンスターが裏側守備表示のモンスターのみの場合、相手プレイヤーに直接攻撃できる。また、このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーが受ける効果ダメージ及び、「ゴーストリック」と名のついたモンスター以外のモンスターがプレイヤーに与える戦闘ダメージは半分になる。

ゴーストリック・アウト 通常罠
手札の「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体を相手に見せて発動できる。このターン、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたカード及び裏側守備表示で存在するモンスターはカードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。

ゴーストリック・パニック 通常罠
自分フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスターを任意の数だけ選択して発動できる。選択したモンスターを表側守備表示にし、その中の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを選んで裏側守備表示にする。



…最近は萌え系テーマが多いですね…しょうがないから組みますけど…ww

どうやら、裏側表示の効果を持っているようですね…そしてこの効果なら”見習い魔術師”からいけるのかな?

…そして、ここからは推測…裏側表示のカードの場所を入れ替える(シャッフルする)的なカードがありそう…怪しいのがフィールド魔法と、”ゴーストリック・パニック”…(”ゴーストリック・アウト”はなんか全部裏にするイメージw)

そして悪魔とかアンデの効果が、裏側で破壊されると相手に対して影響を及ぼすカードとか、リバースでリバースしたターンは破壊されない&相手影響系の効果もちとかなら、なんか面白いことできそう…まぁ素直に”カオス・ポッド”はやだけどね…www


…そして全く違いましたねwww
思ってた以上に裏側表示が重要でしたwww

うーん…難しそう…てのが今の印象?なんか”悪夢再び”とか入るのかな?もう少ししっかり考察してから書きますねw

……これ、霊使いとの相性最高だな…www

では今回はこの辺で…。

長々長文失礼しました。

…最近忙しくて更新できなくてすいません…”コザッキー”です。

今回は、遊戯王のコンボ紹介ですね…

…実は前から考えてたんですが、忙しくて更新できなくて(言い訳乙w)、結局誰かが言い出してからあわてて更新する、ダメ主でしたwww

★準備:手札に”青き眼の乙女”と”緊急テレポート”の2枚。

青き眼の乙女  魔法使い 星1 0/0 チューナー
このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードがカードの効果の対象になった時に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。「青き眼の乙女」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

緊急テレポート 速攻魔法
自分の手札・デッキからレベル3以下のサイキック族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。

★手順
1:”青き眼の乙女”召喚。

2:”緊急テレポート”発動→”調星師ライズベルト”リクルート。

調星師ライズベルト  サイキック 星3 800/800
このカードが特殊召喚に成功した時、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。エンドフェイズ時まで、選択したモンスターのレベルを3つまで上げる。

3:”調星師ライズベルト”効果で”青き眼の乙女”を対象にし、★3上昇。

4:”青き眼の乙女”効果で”青眼の白龍”SS。

5:”調星師ライズベルト(3)”+”青き眼の乙女(1+3)”=★7→”エンシェント・ホーリー・ワイバーン

エンシェント・ホーリー・ワイバーン  ドラゴン 星7 2100/2000
光属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のライフポイントが相手より多い場合、このカードの攻撃力はその差の数値分アップする。自分のライフポイントが相手より少ない場合、このカードの攻撃力はその差の数値分ダウンする。また、このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、1000ライフポイントを払う事でこのカードを墓地から特殊召喚する。

6:”青眼の白龍”から殴る。



3000+(2100+3000)=8100



…まぁ、割と簡単なコンボですね…。
青き眼の乙女”は悪用がしやすいカードなので、考えてて非常に楽しいカードですね♪

裁定次第ですが、”スクラップ・ドラゴン”と組み合わせたり(効果解決時に場に存在しなければならないのか?そもそもチェーンブロックはどのタイミングで組まれるのか?)、自分で対象にとるだけで3000のアタッカーが出てくるのは、とても悪用しがいのあるカードだと思います。

では今回はこの辺で…。

長々長文(?)失礼しました。

…”コザッキー”です。

今回は遊戯王の情報です。

まずは、4月に発売の『JUDGMENT OF THE LIGHTの情報です。

シンクロ復活!!

シンクロモンスター”霞鳥クラウソラス”や幻獣機チューナーが登場するようです。

ココにきてシンクロ復活…どーゆーことでしょうか?w

次は、5月発売のエクストラパック:『EXTRA PACK -ソード・オブ・ナイツ-から…。

海外で先行発売されているカードが収録…看板は”聖騎士王アルトリウス”…。

ノーブルナイト…円卓の騎士(?)シリーズが早くも来日でしょうか?

そして、6月発売のストラクチャーデッキ:『青眼龍轟臨から…。

蒼眼の銀龍  ドラゴン 星9 2500/3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。自分フィールド上のドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。

暴風竜の防人  ドラゴン 星1 500/200 チューナー
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、装備カード扱いとして自分フィールド上のドラゴン族の通常モンスター1体に装備できる。このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。また、このカードの装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

青き眼の乙女  魔法使い 星1 0/0 チューナー
このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードがカードの効果の対象になった時に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。「青き眼の乙女」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

竜の霊廟 通常魔法
デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地に送る。墓地に送ったモンスターがドラゴン族通常モンスターだった場合、さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地に送ることができる。「竜の霊廟」は1ターンに1度しか発動できない。

竜魂の城 通常罠
1ターンに1度、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体をゲームから除外し、自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで700ポイントアップする。また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地に送られた時、ゲームから除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を選択して特殊召喚できる。「竜魂の城」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

…”青眼の白龍”がテーマの構築済みデッキです…

……おい、テーマはどーした!?

そして”青き眼の乙女”強ぇなwww

情報来次第更新していきます。

では今回はこの辺で…。

長々長文失礼しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。