…お久しぶりです…”コザッキー”です…。

本当に久々の更新となりました、申し訳ないです…。

理由は研究室とか就活とか色々ありますが、一番の原因は動画編集が楽しいからだったり…(殴

さて、本題に入ります…。

今回紹介したいのは、次弾:PRIMAL ORIGINで登場する、アーティファクトです。

…とりあえず、デッキレシピを紹介…。

アーティファクト (41)
<モンスター> (22)
3 アーティファクト-モラルタ
3 アーティファクト-ベガルタ
3 アーティファクト-カドケウス
2 アーティファクト-フェイルノート
1 アーティファクト-ラブリュス
1 アステル・ドローン
1 オネスト
3 アブソーブポッド
3 カードカー・D
2 エフェクト・ヴェーラー

<魔法> (7)
3 アーティファクト・ムーブメント
2 簡易融合
1 サイクロン
1 死者蘇生

<> (12)
3 アーティファクトの神智
3 ブレイクスルー・スキル
2 邪神の大災害
2 リビングデッドの呼び声
1 神の警告
1 神の宣告

<エクストラ> (15)
2 重装機甲 パンツァードラゴン
1 獣神ヴァルカン
2 迅雷の騎士ガイアドラグーン
1 セイクリッド・トレミスM7
2 アーティファクト-デュランダル
2 セイクリッド・プレアデス
(後は汎用性の高いランク5をお好みで5枚)



…はい、レシピはこんな感じです…色んな効果は以下に述べますw

アーティファクト-デュランダル 光 天使 ランク5 2400/2100
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールド上でモンスターの効果が発動した時、または通常魔法・通常罠カードの発動時にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。その効果は「相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選んで破壊する」となる。
●このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。お互いの手札を全て持ち主のデッキに戻してシャッフルする。その後、それぞれデッキに戻した枚数分だけドローする。

アーティファクト-モラルタ 光 天使 ☆5 2100/1400
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選んで破壊できる。

アーティファクト-ベガルタ 光 天使 ☆5 1400/2100
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールド上にセットされたカードを2枚まで選んで破壊する。「アーティファクト-ベガルタ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

アーティファクト-カドケウス 光 天使 ☆5 1600/2400
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。また、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、相手ターン中に「アーティファクト」と名のついたモンスターが特殊召喚された時、デッキからカードを1枚ドローする。「アーティファクト-カドケウス」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

アーティファクト-フェイルノート 光 天使 ☆5 2000/1600
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地から「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を選択して自分の魔法&罠カードゾーンにセットできる。

アーティファクト-ラブリュス 光 天使 ☆5 2300/1600
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。また、「アーティファクト」と名のついたカードが破壊され、自分の墓地へ送られた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

アーティファクト・ムーブメント 速攻魔法
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊し、デッキから「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を選んで魔法カード扱いとして魔法&罠カードゾーンにセットする。また、このカードが相手によって破壊された場合、次の相手のバトルフェイズをスキップする。

アーティファクトの神智 通常罠
デッキから「アーティファクト」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。「アーティファクトの神智」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。また、このカードが相手によって破壊された場合、フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

重装機甲 パンツァードラゴン  機械 ☆5 1000/2600
機械族モンスター+ドラゴン族モンスター
このカードが破壊され墓地へ送られた場合、フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

アブソーブポッド 地 岩石 ☆3 600/500
リバース:フィールド上にセットされた魔法・罠カードを全て破壊する。破壊されたカードのコントローラーは、破壊された数だけデッキからカードをドローする。このターン、自分はカードをセットできない。



…とまぁ、怪しいカードはこの辺りかな?

romio1.jpg
ロ澪「”大嵐”を撃ったら、なぜかおれの場が壊滅していた…何を言ってるか分からないだろうが(ry…なデッキだな。」

コザッキー「そういうこと…これは割と環境入ってくるんじゃないかってちょっと怖いカテゴリ…」

ロ澪「エンジンの”アーティファクト-カドケウス”、対応破壊の”アーティファクト-モラルタ”、展開補助の”アーティファクト-ベガルタ”はガン積みして、後はお好みって感じだな。」

コザッキー「”アーティファクト-アイギス”はさすがに採用されないね…イラストは一番好みなんだけど…」

アーティファクト-アイギス 光 天使 ☆5 1200/2500
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、ターン終了時まで、自分フィールド上の「アーティファクト」と名のついたモンスターは相手のカードの効果の対象にならず、相手のカードの効果では破壊されない。

ロ澪「相手の破壊対応で”アーティファクト-アイギス”を破壊しても、効果発動前に破壊されちゃうからな…使い勝手がさすがに悪すぎる…。」

コザッキー「ちなみに、ピン挿しの”サイクロン”はなんで入ってるの?(デッキはロ澪が組んだ)」

ロ澪「…”アーティファクト・ムーブメント”は確かに”サイクロン”の上位互換なんだが、どうしても割っておきたいカードが増えそうな気がしたから、4枚体制にしてみただけだよ。」

コザッキー「割りたいカードっていうと、”竜の渓谷”か?」

ロ澪「…今の環境を見てどうするんだ…可能性としては、次元系の”マクロコスモス”と効果を止められる”ソウルドレイン”だな。」

コザッキー「”次元の裂け目”もかな?」

ロ澪「…魔法扱いだから、”次元の裂け目”は多分無意味。まぁ”サイクロン”はサイドからの投入で全然問題ないとは思うけどな。」

コザッキー「なるほど…ちなみに、”アブソーブポッド”とかの理由は?」

ロ澪「”アブソーブポッド”は受動的のカードだけど、決まれば相当なアドを稼げるカードだから採用…というか、ガン伏せモンスターセットだと、”メタモルポット”も警戒されるから割と使いづらい可能性は否定できないかな?」

コザッキー「…ふむ…」

ロ澪「”カードカー・D”相手ターンで動けるデッキだから、問題なく採用圏内…それとの相性で、”エフェクト・ヴェーラー”も2枚だけ採用してる。」

コザッキー「”アステル・ドローン”は召喚できて、☆5でエクシーズもできるからか?」

ロ澪「それもあるし、”閃光の追放者”と相打てるのが大きい。」

アステル・ドローン  魔法使い ☆4 1600/1000
このカードをエクシーズ召喚に使用する場合、このカードはレベル5モンスターとして扱う事ができる。また、このカードを素材としたエクシーズモンスターは以下の効果を得る。
●このエクシーズ召喚に成功した時、デッキからカードを1枚ドローする。

閃光の追放者 光 天使 ☆4 1600/0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される

コザッキー「それなら、”セイクリッド・カウスト”でもよかったんじゃないか?」

セイクリッド・カウスト  獣戦士 ☆4 1800/700
このカードはシンクロ素材にできない。フィールド上の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を選択し、以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果は1ターンに2度まで使用できる。
●選択したモンスターのレベルを1つ上げる。
●選択したモンスターのレベルを1つ下げる。

ロ澪「1ドローをとっただけだよ。」

コザッキー「ふーん…ちなみに、”ブレイクスルー・スキル”は?」

ロ澪「オピオン嫌い。」

コザッキー「理解した。」

ロ澪「まぁ、アドバンテージを稼ぐのはかなり受動的で、積極的には動けないから、そういった部分でどう動いていけるかがプレイングの見せどころだとは思うよ。」

コザッキー「なかなかこれからも面白そうなデッキだな。」

ロ澪「ま、久々の更新だったので、面白いデッキというよりは、次弾の注目のカテゴリについて考察させていただきました…更新ペースは戻していけるのか?」

コザッキー「努力します。」

ロ澪「…では、今回は以上になります。ありがとうございました。」

コザッキー「長々長文失礼しました。」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。