てことで、”コザッキー”です♪

てことで今回はあのデッキ、新しい型を紹介します♪

エリザベスクェーサー無式~夢幻旋律~(42)
<モンスター>(23)
3 炎竜星-シュンゲイ
3 地竜星-ヘイカン
3 水竜星-ビシキ
3 音響戦士ベーシス
3 光竜星-リフン
3 風竜星-ホロウ
3 レベル・スティーラー
2 金華猫

<魔法>(13)
3 サイクロン
2 補給部隊
2 竜星の輝跡
2 ワンチャン!?
1 大嵐
1 おろかな埋葬
1 死者蘇生
1 ワン・フォー・ワン

<>(6)
3 激流葬
2 時空の落とし穴
1 神の警告

<エクストラ>(15)
1 シューティング・クェーサー・ドラゴン
1 シューティング・スター・ドラゴン
1 氷結界の竜 トリシューラ
2 輝竜星-ショウフク
1 琰魔竜 レッド・デーモン
1 クリムゾン・ブレーダー
1 スクラップ・ドラゴン
1 月華竜 ブラック・ローズ
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 獣神 ヴァルカン
1 幻層の守護者アルマデス
1 TGハイパー・ライブラリアン
1 フォーミュラ・シンクロン
1 シャイニート・マジシャン



輝竜星-ショウフク  幻竜 ☆8 2300/2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
②:1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。

炎竜星-シュンゲイ  幻竜 ☆4 1900/0
「炎竜星-シュンゲイ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「炎竜星-シュンゲイ」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、攻撃力・守備力が500アップする。

地竜星-ヘイカン  幻竜 ☆3 1600/0
「地竜星-ヘイカン」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「地竜星-ヘイカン」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、戦闘では破壊されない。

水竜星-ビシキ  幻竜 ☆2 0/2000
「水竜星-ビシキ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「水竜星-ビシキ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、罠カードの効果を受けない。

風竜星-ホロウ  幻竜 ☆1 0/1800
「風竜星-ホロウ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「風竜星-ホロウ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
③:このカードをS素材としたSモンスターは、魔法カードの効果を受けない。

光竜星-リフン  幻竜 ☆1 0/0 チューナー
「光竜星-リフン」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「光竜星-リフン」以外の「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「竜星」モンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合除外される。

竜星の輝跡 通常魔法
「竜星の輝跡」は1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の墓地の「竜星」モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスター3体をデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキからカードを2枚ドローする。



…今までの【エリクェ】が『受け流す』タイプなら、この【エリクェ】は『受け切る』タイプ…

…え?ただの【竜星】?…まぁ否定はしないけど、このデッキならではのメリットもある…

まず、クェーサーのルートを…w

~準備~
場:竜星1枚
墓地:”光竜星-リフン”、”レベル・スティーラー
手札:”音響戦士ベーシス”出すカード1枚

1:竜星が破壊されて(ここから始まります)、手札枚数と相談した竜星をリクルートしつつ、墓地の”光竜星-リフン”の効果で、自己蘇生。

2:自分ターン、”音響戦士ベーシス”を出す。(通常召喚でも可能、リフンがいるので、”ワンチャン!?”でサーチも可能)

3:リクルした竜星と”音響戦士ベーシス”でシンクロ→”輝竜星-ショウフク”。

4:”輝竜星-ショウフク”のレベル1下げて”レベル・スティーラー”蘇生。

5:”輝竜星-ショウフク”の効果で、”レベル・スティーラー”破壊して”音響戦士ベーシス”蘇生。

6:”輝竜星-ショウフク”のレベル1下げて”レベル・スティーラー”蘇生。

7:”音響戦士ベーシス”の効果使い”レベル・スティーラー”とシンクロ→”TG-ハイパー・ライブラリアン”。

8:”輝竜星-ショウフク”のレベル1下げて”レベル・スティーラー”蘇生。

9:”光竜星-リフン”と”レベル・スティーラー”シンクロ→”フォーミュラ・シンクロン”。

10:(8-3)+5+2=12…b



…ということです♪w

相手が攻撃したら、なぜか次のターン制圧している…そーゆーデッキです♪

なんだかんだで”ワンチャン!?”が使いやすかったりで、結構かみ合っていますw

…まぁ、”ジャンク・シンクロン”とかのほうがうまくできそうなのはナイショ…w

では、今回はこの辺で…

長々長文失礼しました♪w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。