上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

前回のあらすじ:
ヴァンガードの第2弾環境の考察をしていたら、コザッキーの精霊(相棒)、”ロ澪”が現れた。
そして、いろいろあって、その続き…。


mio5.jpg
ロ澪「おい、そろそろ記事書けよ。」

コザッキー「わかってるから!結構面倒なんだぞ、暇作るのも…」

ロ澪「さっきまで、一人でファイトしてたじゃないか!!」

コザッキー「こっ…考察だよ、考察!」

(何度もいいますが、痛い子とかいわないで…。日常生活とかはふつーの学生なのです。)




<ノヴァグラップラー>
アシュラ・カイザー ノヴァグラップラー グレード3 11000
永【V/R】:他のあなたの<ノヴァグラップラー>の、ヴァンガードかリアガードがいないなら、このユニットのパワー-2000。
自【V】:このユニットのドライブチェックでグレード3の<ノヴァグラップラー>がでた時、あなたのリアガードを1枚選び、スタンドする。

ライオン・ヒート ノヴァグラップラー グレード3 10000
自【V】:[CB(2)]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの<ノヴァグラップラー>のリアガードを1枚選び、スタンドする。
自【R】:[CB(2)]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのグレード1以下の<ノヴァグラップラー>のリアガードを1枚選び、スタンドする。

ジェノサイド・ジョーカー ノヴァグラップラー グレード3 10000
起【V/R】:[CB(2)]そのターン中、このユニットのパワー+4000。

Mr.インビンシブル ノヴァグラップラー グレード3 10000
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。
自【V/R】:[SB(8),CB(5)]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのユニットをすべてスタンドする。

ジェノサイド・ジャック ノヴァグラップラー グレード2 11000 盾5000
永【V/R】:拘束(このユニットはアタックできない。)
起【V/R】:[CB(1)]そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
自【V】:このユニットが<ノヴァグラップラー>にブーストされた時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

マジシャンガール キララ ノヴァグラップラー グレード2 9000 盾5000
自【V/R】:[CB(2)]このユニットのアタックがヒットした時、あなたの<ノヴァグラップラー>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら1枚引く。

叫んで踊れる実況 シャウト ノヴァグラップラー グレード1 7000 盾5000
起【V/R】:[このユニットをレストする,あなたの手札から1枚選び、捨てる]1枚引く。

ツイン・ブレーダー ノヴァグラップラー グレード1 6000 盾0
自:[あなたの手札から<ノヴァグラップラー>を1枚選び、捨てる]このユニットがGに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたの<ノヴァグラップラー>はヒットされない。

バトルライザー ノヴァグラップラー グレード0 3000 盾10000
自【V】:他の<ノヴァグラップラー>がこのユニットにライドした時、このカードをRにコールしてよい。
自【R】:このユニットがブーストした時、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000し、そのターンのエンドフェイズ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

今回は伸び悩んだと思われるクラン。
スタンド・クリティカルを重視し、ハイパワーで殴り続ける、初心者向けのクラン。
主な型は、
・”アシュラ・カイザー”を軸に、とにかく殴り続けるタイプ。
・”Mr.インビンシブル”を軸に、他クランのCBを使いまくるタイプ。
などがある。
しかし、猛攻をしかけていくデッキのため、手札が枯渇しやすく、短期決戦が求められる。
長期戦になればなるほど、不利になっていく。




ロ澪「おいっ、”ジェノサイド・ジョーカー”は、ケロケロエース8月号(6/25発売)の付録のハーフデッキに収録予定のカードだろ?
まだ発売してないじゃないか!!」

コザッキー「いや、そーだけど、こいつはかなり強いから、紹介しといたほうがいいと思って…。」

ロ澪「…確かに、パンプした後、スタンドしてまた殴ったりできるからな。
でも、環境考察で紹介するのはおかしくないか?」

コザッキー「別にいーじゃん…、そんなの…。」

ロ澪「ただでさえ、日本語が拙いんだから、カードの紹介は、これからは別でやるべきだな。」

コザッキー「はい。すいません…。」

ロ澪「それから、”クレイソルジャー”は紹介しなくていいのか?

クレイソルジャー ノヴァグラップラー グレード1 4000 盾5000
自【R】:このユニットが<ノヴァグラップラー>をブーストしたバトル中、アタックがヒットした時、このユニットをスタンドする。

こいつは使われないのか?」

コザッキー「いや、<スパイクブラザーズ>の”スパイクブラザーズ突撃部隊”ならともかく、ノヴァグラップラーで前衛が起き上がるのはスタンドトリガーと”アシュラ・カイザー”しかないからな。あんまり使えるタイミングがないんだよね…。」

ロ澪「なるほど、少しは考察してるみたいだな。」

コザッキー「少しぐらいほめても、ばちあたらないよ…。」




<グランブルー>
魔の海域の王 バスカーク グランブルー グレード3 10000
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
起【V/R】:[SB(8),CB(5)]あなたのドロップゾーンから<グランブルー>を5枚まで選び、別々のRにコールする。

スピリットイクシード グランブルー グレード3 10000
起【ドロップゾーン】:[あなたのRから、”サムライスピリット”と”ナイトスピリット”を1枚ずつ選び、ソウルに置く]あなたのグレード2以上のヴァンガードがいるなら、このカードをライドする。

深淵の呪術師 ネグロマール グランブルー グレード3 8000
自:[CB(2)]このユニットがVかRに登場したとき、あなたの<グランブルー>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのドロップゾーンから1枚選び、Rにコールする。

ルイン・シェイド グランブルー グレード2 9000 盾5000
自【V/R】:[あなたの山札の上から2枚をドロップゾーンに置く]このユニットがアタックした時、あなたの<グランブルー>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

キャプテン・ナイトミスト グランブルー グレード2 8000 盾5000
永【V】:あなたのターン中、あなたのドロップゾーンに”キャプテン・ナイトミスト”があるなら、このユニットのパワー+3000。
起【ドロップゾーン】:[CB(1),あなたのグレード1以上の<グランブルー>のリアガードを1枚選び、退却させる]あなたの<グランブルー>のヴァンガードがいるなら、このカードをRにコールする。

サムライスピリット グランブルー グレード1 7000 盾5000
起【ドロップゾーン】:[CB(1),あなたの<グランブルー>のリアガードを1枚選び、退却させる]あなたの<グランブルー>のヴァンガードがいるなら、このカードをRにコールする。

イービル・シェイド グランブルー グレード1 6000 盾5000
自【R】:[あなたの山札の上から2枚をドロップゾーンに置く]このユニットが<グランブルー>のヴァンガードをブーストした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+4000。

突風のジン グランブルー グレード1 6000 盾0
自:[あなたの手札から<グランブルー>を1枚選び、捨てる]このユニットがGに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたの<グランブルー>はヒットされない。

ダンシング・カットラス グランブルー グレード1 5000 盾5000
自:[SB(2)]このユニットがRに登場した時、あなたの<グランブルー>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

荒海のバンシー グランブルー グレード0 4000 盾10000
起:【R】[このユニットをソウルに置く]あなたの<グランブルー>のヴァンガードがいるなら、1枚まで引く。

お化けのちゃっぴー グランブルー グレード0 5000 盾10000
自:このユニットがGに登場した時、あなたの山札から<グランブルー>を1枚まで探し、ドロップゾーンに置き、その山札をシャッフルする。

案内するゾンビ グランブルー グレード0 5000 盾10000
自【V】:他の<グランブルー>がこのユニットにライドした時、このカードをRにコールしてよい。
起【R】:[このユニットをソウルに置く]あなたの山札の上から3枚をドロップゾーンに置く。

今回、トリガーの出現によって単体での構築が可能になった、かなり強化されたクラン。
今のところ、ドロップゾーンに触れる、唯一のクランであり、そこを利用していく。
CBで簡単に復活する、「無限復活地獄」で15000~16000ラインを毎ターン3列作り、しかもインターセプトしていくという攻防ともに安定したデッキ。


mio00.jpg
ロ澪「ひぃ~、お化けぇ~…。」

コザッキー「あぁー、そーか。だから、俺が<グランブルー>使ってるときは引きが弱いのか…。(違)」

ロ澪「次いくぞ!次!!」

コザッキー「えっ…、まだ考察してないじゃん!!」

ロ澪「別にいいだろ!!
どうせ、”キャプテン・ナイトミスト”・”サムライスピリット”、お前は使ってないけど、”深淵の呪術師 ネグロマール”を使って、ドロップゾーンからしつこく復活、攻撃、インターセプト。
魔の海域の王 バスカーク”の必殺技はどっちかって言うと使わないで、たまったソウルを”ダンシング・カットラス”で消費、”深淵の呪術師 ネグロマール”を使うなら、効果使用後は、”キャプテン・ナイトミスト”・”サムライスピリット”、手札なら”突風のジン”のえさにできるってとこだろ!!」

コザッキー「…おぉ…、確かに、俺は長期戦になるとライブラリアウトが怖いから、守りに入る”突風のジン”を入れてないし、グレード3も無駄に多くしたくないから、パワーの低くて、CBもちょっと重い”深淵の呪術師 ネグロマール”は入れてないけど、別に入れてる人も結構いるな…。」

ロ澪「はい、考察終わり!次行くぞ、次!!」

コザッキー「自分の使ってるクランだから、自分でしっかり言いたかったな…」



<スパイクブラザーズ>
将軍 ザイフリート スパイクブラザーズ グレード3 10000
自【V】:このユニットのドライブチェックでグレード3の<スパイクブラザーズ>がでた時、そのカードをユニットのいないRにコールしてよい。
自【V】:このユニットが<スパイクブラザーズ>にブーストされた時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

ジャガーノート・マキシマム スパイクブラザーズ グレード3 11000
永【V/R】:他のあなたの<スパイクブラザーズ>の、ヴァンガードかリアガードがいないなら、このユニットのパワー-2000。
自【R】:[SB(1)]このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、そのバトルのクローズステップ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

スカイダイバー スパイクブラザーズ グレード3 11000
永【V/R】:他のあなたの<スパイクブラザーズ>の、ヴァンガードかリアガードがいないなら、このユニットのパワー-2000。
自【R】:[このユニットをソウルに置く]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から<スパイクブラザーズ>を1枚まで選び、Rにコールする。

ハイスピード・ブラッキー スパイクブラザーズ グレード2 9000 盾5000
自【R】:[SB(1)]このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、そのバトルのクローズステップ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

パンツァー・ゲイル スパイクブラザーズ グレード2 8000 盾5000
自:このユニットがインターセプトした時、あなたの<スパイクブラザーズ>のヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。

デビル・サモナー スパイクブラザーズ グレード2 7000 盾5000
自:このユニットがVかRに登場した時、あなたの山札の上を公開する。そのカードがグレード1かグレード2の、<スパイクブラザーズ>なら、そのカードをRにコールし、違うなら、その山札をシャッフルする。

チアガール マリリン スパイクブラザーズ グレード1 6000 盾0
自:[あなたの手札から<スパイクブラザーズ>を1枚選び、捨てる]このユニットがGに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたの<スパイクブラザーズ>はヒットされない。

ダッドリー・ダン スパイクブラザーズ グレード1 4000 盾5000
自【R】:[CB(2),あなたの手札から<スパイクブラザーズ>を1枚選び、ソウルに置く]このユニットがヴァンガードをブーストした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から<スパイクブラザーズ>を1枚まで探し、ユニットのいないRにコールし、その山札をシャッフルする。

スパイクブラザーズ突撃部隊 スパイクブラザーズ グレード1 4000 盾5000
自【R】:このユニットが<スパイクブラザーズ>をブーストしたバトル中、アタックがヒットした時、このユニットをスタンドする。

メカ・トレーナー スパイクブラザーズ グレード0 5000 盾10000
自【V】:他の<スパイクブラザーズ>がこのユニットにライドした時、このカードを【R】にコールしてよい。
起【R】:[CB(1),このユニットを退却させる]あなたの山札からグレード1以下の<スパイクブラザーズ>を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

<グランブルー>同様、今回トリガーの出現によって単体での構築が可能になった、かなり強化されたクラン。
殴ってはデッキに戻り、そしてまたバトルフェイズ中に舞い戻り、そして颯爽とデッキに戻っていく…という1ターンに平均4~6回殴るデッキ。
しかし、猛攻を仕掛けるには手札消費がかなりきついので、使いどころがむずかしいデッキといえる。



ロ澪「やっぱり、”ユナイト・アタッカー”は使われてないのか…

ユナイト・アタッカー スパイクブラザーズ グレード3 10000
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
自【V/R】:[SB(8),CB(5)]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚まで見て、その中から<スパイクブラザーズ>を好きな枚数選び、別々のRにコールし、その山札をシャッフルする。

こいつ専用デッキは面白いことになりそうだな。」

コザッキー「”ユナイト・アタッカー”はライドしてヴァンガードにならないと使えないカードだから、こいつになるよりは”将軍 ザイフリート”が使われるはずだからな…。
ユナイト・アタッカー”のソウルブラストは運要素高いし…。」

ロ澪「<スパイクブラザーズ>はとにかく”ダッドリー・ダン”が強いんだろ。」

コザッキー「うん。自分のヴァンガードのグレードに関係なく好きなカード持ってこれるからな。
コストが少し重いけど、それでもおつりがくるくらい強い。
攻めどころさえ間違えなければ、かなり上位狙えると思ってるんだけど…。」

ロ澪「なかなか、遭遇しないよな…。やっぱ、使いこなすのは、難しいのかな。」

コザッキー「それよりも、安定しないんじゃないのか?
将軍 ザイフリート”の効果は運絡みだし、”スカイダイバー”の効果は発動させてもらえないし…。」

ロ澪「”スカイダイバー”は完全にリアを殴りにいくユニットだよな。
ところで、こいつら最高何回殴れんの?」

コザッキー「理論上、9回10回かな?
リアの”ジャガーノート・マキシマム”×2、後、デッキへ…。

ヴァンガード”将軍 ザイフリート”・ブースト”ダッドリー・ダン”でアタック。”ダッドリー・ダン”で”スカイダイバー”を、”将軍 ザイフリート”で、グレード3の<スパイクブラザーズ>を(ここでは”ジャガーノート・マキシマム”とする)

ジャガーノート・マキシマム”でアタック、後デッキへ…。

スカイダイバー”でアタック、後効果で、手札から”スカイダイバー”を…、×3

スカイダイバー”でアタック、後効果で、”ジャガーノート・マキシマム””デビル・サモナー”を出し、さらに効果で、デッキトップから<スパイクブラザーズ>をコール、アタック…。

2+1+1+3+1+1+1=10回アタック……、かな?」

ロ澪「ふーん、まぁ、あり得ないだろ。」

コザッキー「計算した俺の苦労を返せ!!」




<バミューダ△>
トップアイドル フローレス バミューダ△ グレード3 10000
furoresu.jpg
自【V/R】:[SB(2)]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの<バミューダ△>のリアガードを1枚選び、手札に戻す。
「あなたに届け、私の歌声!/歌い続けていれば、きっとあなたに届くから。」

トップアイドル アクア バミューダ△ グレード2 10000 盾5000
aqua.png
「海上のみんなー、輝いてる?/海上のみんなー、大好きだよー!」

ブレザープレジャーズ バミューダ△ グレード1 6000 盾5000
burepure.png
自:このユニットがRに登場した時、他のあなたの<バミューダ△>を1枚選び、そのターン中、パワー+2000。

バミューダ△候補生 キャラベル バミューダ△ グレード0 3000 盾10000
kyaraberu.jpg
自:[SB(2)]このユニットがRに登場した時、あなたの<バミューダ△>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

第2弾で登場したクラン。
ユニットを手札に戻して、登場時の効果を使いまわすクラン。
今のところ数が少ないため、新パックに期待の集まるデッキ。
ちなみに、絵師さんが有名なせいか、SPが2枚存在する…、集めてみたい…。




ロ澪「今回、環境考察だよな?これ、今、デッキ作られてるのか?」

コザッキー「ぜんぜんないよ。
ただ、載せたかっただけ。(キリッ)
第4弾に期待だね。」

ロ澪「4!?次の弾じゃないのか!?」

コザッキー「次は、おそらく<ダークイレギュラーズ>・<ぬばたま>か<メガコロニー>だろ。
だから、第4弾。」

ロ澪「…」

コザッキー「でも、来週の大会はこれででるつもりなんだよね。」

ロ澪「えっ、マジ…?」

コザッキー「うん。デッキのうち、36枚は女の子になった(笑)」

ロ澪「ちゃんと動くのか、それ?」

コザッキー「動かしてみせる!!」

ロ澪「…」



mio5.jpg
ロ澪「これで、環境考察は終わりか?」

コザッキー「うん。だいたいこんな感じ。」

ロ澪「お前の拙い日本語でどれくらい伝わったのか、見物だな。
まぁ、がんばったんじゃないの?」

コザッキー「うん、すごいがんばった。」

ロ澪「だから、次の大会までに、<バミューダ△>のデッキ載せろよ。」

コザッキー「久々にほめられたと思ったらこれかい…。」




ということで、今回はこの辺で終わります。
異論はたくさんあると思うので、意見のある方は是非コメントください。

長々長文失礼しました。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

δ・オラクル

ヴァンガード環境

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。