上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

…”コザッキー”です。

いや、本当に久々で申し訳ないです、さすがに忙しくなってきました。

romio1.jpg
ロ澪「…あ、お前の今の状況とか、割とどーでもいいから、今回はなに書くんだ?」

コザッキー「もうちょっとやさしくしても、罰はあたらないよ?」

ロ澪「…今日は、『陽炎獣』か…。」

コザッキー「……はい、そうです(…orz)。」

陽炎獣バジリコック 炎 炎 ランク6 2500/1800
炎属性レベル6モンスター×2体以上(最大5体まで)
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手のフィールド上・墓地のモンスター1体を選択してゲームから除外する。また、このカードが持っているエクシーズ素材の数によって、このカードは以下の効果を得る。
●3つ以上:このカードの攻撃力・守備力は、このカードのエクシーズ素材の数×200ポイントアップする。
●4つ以上:このカードは相手のカードの効果の対象にならない。
●5つ以上:このカードはカードの効果では破壊されない。

陽炎獣 サーベラス   星6 2000/200
このカードはリリースなしで召喚できる。この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。また、このカードが破壊され墓地へ送られた時、デッキから「ヘイズ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。

陽炎獣 グリプス  鳥獣 星6 200/2100
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分のフィールド上・墓地に炎属性以外のモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。

陽炎獣 スピンクス  獣戦士 星6 1900/1900
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、宣言した種類のカードだった場合、さらに自分の手札・墓地から炎属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。「陽炎獣 スピンクス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

陽炎獣 ペリュトン 炎 炎 星6 1600/1700
このカードは「陽炎獣」と名のついたモンスターの効果以外では特殊召喚できない。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。また、手札の炎属性モンスター1体を墓地へ送り、このカードをリリースして発動できる。デッキから「陽炎獣」と名のついたモンスター2体を特殊召喚する。「陽炎獣 ペリュトン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

陽炎獣 ヒッポグリフォ 炎 炎 星6 2100/200
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。また、1ターンに1度、自分フィールド上の炎属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力は300ポイントアップする。

陽炎柱 永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分は「陽炎獣」と名のついたモンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくする事ができる。また、1ターンに1度、自分フィールド上のエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。自分の手札・フィールド上の「陽炎獣」と名のついたモンスター1体を、選択したエクシーズモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。

陽炎光輪 永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、自分は「陽炎獣」と名のついたモンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくする事ができる。また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、自分の墓地から「陽炎光輪」以外の「ヘイズ」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える。



tukuyomi1.jpg
つっきー「星は高いけどぉ、カードの効果の対象にならない共通効果もってるカードだねぇ~♪」

ロ澪「耐性はすばらしいけど、展開するのが難しそうなテーマだな…。」

コザッキー「とりあえず、このテーマのエンジンは”陽炎獣 ペリュトン”だと思う。手札コストがあるとはいえ、デッキから2体出せるのは十分強いからな…。」

ロ澪「そこから”陽炎獣 スピンクス”につなげて、さらに展開できればいいけど、そこが運がらみなのがきついな…。」

つっきー「デッキトップだと、”ラヴァルバル・チェイン”だけどぉ、このデッキはランク4作りにくいもんねぇ~♪」

コザッキー「個人的には、軸は2つあると思うんだ…。”聖刻龍-トフェニドラゴン”と”レッド・ドラゴン”を積んで『聖刻』のギミックを使うタイプ…それか”ラヴァル・ランスロッド”とかを積んで、”真炎の爆発”で一気に展開するタイプ…。」

ロ澪「『聖刻』軸はリリースから動けるから、後攻からでもすぐに動ける可能性があるのが強みだな…しかも、”暗黒のマンティコア”との兼ね合いもいい。『爆発』軸は墓地肥やしに時間がかかるけど、一気に展開・制圧できるし、”陽炎獣 グリプス”の展開を邪魔しにくいのが利点か…。」

つっきー「どっちも両立できないのぉ~?」

コザッキー「…うーん、両立するのはかなりきついかな…。さすがにスペースがきついと思う…。」

つっきー「ふぅ~ん」

コザッキー「まぁ、『聖刻』軸のほうは、”暗黒のマンティコア”ループできるから、むやみに”増殖するG”使うと、デッキ全部持っていける可能性あるから、そこは強みかな…。」

ロ澪「…”増殖するG”使ったら殺される可能性がある、ってやつだな…。」

コザッキー「あとは、次のストラクの”炎王の急襲”がかなり強いな。」

炎王の急襲 通常魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。デッキから炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。「炎王の急襲」は1ターンに1枚しか発動できない。

ロ澪「…これはかなり壊れ気味だよな…。」

つっきー「TUEEE~♪w」

コザッキー「…まぁ、そのうちデッキレシピあげます。では今回はこの辺で…。」

ロ澪「ありがとうございました。」

つっきー「またねぇ~♪」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

”エクスカルペイト・ザ・ブラスター”…w

COSMO BLAZER『魔導&その他』

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。