上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

テストも山をこえました、”コザッキー”です。

ヴァンガード第3弾、魔侯襲来のカード、”ツクヨミ”シリーズが使いたくてしかたがなかったので、ずっと考えてましたが、……2つできました。(無論、1つは”ロ澪式”…)

満月の女神 ツクヨミ オラクルシンクタンク グレード3 11000
永【V/R】:あなたのソウルに、”半月の女神 ツクヨミ”と”三日月の女神 ツクヨミ”と”神鷹一拍子”がいないなら、このユニットのパワー-2000。
起【V】:[CB(2)]あなたのソウルの<オラクルシンクタンク>が6枚以上なら、2枚引き、あなたの手札から1枚を選び、ソウルに置く。

半月の女神 ツクヨミ オラクルシンクタンク グレード2 9000 盾5000
自:このユニットがVに登場した時、あなたのソウルに”三日月の女神 ツクヨミ”と”神鷹一拍子”があるなら、SC(2)してよい。
自【V】:あなたのライドフェイズ開始時、あなたの山札の上から5枚見て、”満月の女神 ツクヨミ”を1枚まで探し、ライドし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。ライドしたら、そのライドフェイズ中、あなたはノーマルライドできない。

三日月の女神 ツクヨミ オラクルシンクタンク グレード1 7000 盾5000
自【V】:あなたのライドフェイズ開始時、あなたの山札の上から5枚見て、”半月の女神 ツクヨミ”を1枚まで探し、ライドし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。ライドしたら、そのライドフェイズ中、あなたはノーマルライドできない。

神鷹 一拍子 オラクルシンクタンク グレード0 5000 盾10000
自【V】:あなたのライドフェイズ開始時、あなたの山札の上から5枚見て、”三日月の女神 ツクヨミ”を1枚まで探し、ライドし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。ライドしたら、そのライドフェイズ中、あなたはノーマルライドできない。

なので、”ロ澪式”は、今度の大会で使うので、今度にして…、

今回は、”コザッキー式ツクヨミ”:「漆黒の半月~ダーク・ハーフ・ムーン~(いちいち名前をつけるのは、”クセ”です。すいません…)

<漆黒の半月~ダーク・ハーフ・ムーン~>
・グレード3 (8)
4 CEO アマテラス
4 シュティル・ヴァンピーア

・グレード2 (12)
4 半月の女神 ツクヨミ
4 サイレント・トム
4 バトルシスター もか

・グレード1 (13)
4 オラクルガーディアン ジェミニ
4 三日月の女神 ツクヨミ
3 バトルシスター しょこら
2 プリズナービースト

・グレード0 (17)
4 サイキック・バード 
4 オラクルガーディアン ニケ 
4 ドリーム・イーター 
4 ロゼンジ・メイガス 
1 神鷹 一拍子 ファースト

…こんな感じになりました。
…はい、そうです、満月の女神 ツクヨミ”は入ってません…。(おいっ

mio5.jpg
ロ澪「…ふん。やはりお前の力では、その程度の構築しかできないみたいだな。それじゃあ、ただの<オラクルシンクタンク>だな。」

コザッキー「…くそ、なにも言い返せない…。」

ロ澪「”ツクヨミ”シリーズなんだから、”満月の女神 ツクヨミ”を使わないでどうする。」

コザッキー「やめて、それ以上言わないで…。女神よりも、社長が優秀すぎるんだよ!!」

ロ澪「それは誰もが承知の上だ。たぶん、その構築方法は、これからの<オラクルシンクタンク>の常識になるんじゃないか?」

コザッキー「うん。ようやく、ライド事故防止として、安定性を手にしたからな。すると、ソウルもたまりやすいし、他人と差分を作るために、フィニッシャーとして、”シュティル・ヴァンピーア”を使ったんだ。」

シュティル・ヴァンピーア ダークイレギュラーズ グレード3 10000
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
起【V/R】:[SB(8),CB(5)]相手のリアガードを1枚選び、相手のVに置き、そのターンのエンドフェイズ開始時、相手は自分のソウルから1枚選び、ライドする。

ロ澪「確かにこいつは、<オラクルシンクタンク>と相性いいな。お前の構築なら、CB・SB、使わないしな。」

コザッキー「それに、”シュティル・ヴァンピーア”と”サイレント・トム”の相性が最高すぎる…。相手が<ロイヤルパラディン>だと、Vを”ばーくがる”か”ふろうがる”にかえると、相手は”サイレント・トム”の攻撃をガードできなくなるんだよね。」

ロ澪「なるほど…。そのための8000バニラ、”プリズナービースト”か…。」

コザッキー「うん。ほかにも、後ろの”スターライト・ユニコーン”・”といぷがる”・”希望の火 エルモ”・”ダッドリー・ダン”・”イービル・シェイド”・”ダンシング・カットラス”あたりを狙えれば、”サイレント・トム”と8000ブーストで、15000ガードを要求できるからね。」

ロ澪「ほう…、でも、”満月の女神 ツクヨミ”がないから”ツクヨミ”シリーズを使う、っていうコンセプトにはあってないんじゃないのか?」

コザッキー「…、その様子だと、お前のタイプは…。」

ロ澪「<幻想の満月~朧月~>。前回のガラハッドと同じ…~予見する引き~タイプだ。」

コザッキー「朧月…?。なんて読むの?」

ロ澪「”おぼろづき”だ。これは、今度の大会後に紹介でいいんだろ?」

コザッキー「モチ。でも、まだ、どっちで出るか決めてないから、もしかしたら先に紹介するかもしれないな。」

ロ澪「ほう。そういえば、<ダークイレギュラーズ>はどうだったんだ?プロキシでまわしてみたんだろ?」

コザッキー「うん。今のところ個人的には、かなり使いにくい。今のタイプは、”シュティル・ヴァンピーア”を軸にしてるんだが、このタイプだと、”熱望の悪魔 アモン”・”漆黒の詩人 アモン”は入らなかったな。」

ロ澪「そりゃそうだろ。ソウル8消えるんだから、そんなときにまだソウル6残ってるわけないだろ。しかも、”シュティル・ヴァンピーア”軸ってことは、”グウィン・ザ・リッパー”も入らないんだろ。」

コザッキー「うん。そして、ドロー系がまったくないから、かなりジリ貧になりやすい。」

ロ澪「まぁ、そんなのは分かりきってただろ。」

コザッキー「うん。”魔界侯爵 アモン”の効果が判明したら、もう一回組みなおしてみる。」

ロ澪「<ペイルムーン>も同じか?」

コザッキー「うん。”ナイトメアドール ありす”・”ミラーデーモン”の効果が判明してから組んでみる。」

ロ澪「まぁ、私に負けないようなデッキを作るんだな。」

コザッキー「最後に上から目線!?」



…以上です。ご意見・アドバイスがあったら、コメントしていただけると光栄です。

では、今回はこの辺で…。

長々長文失礼しました。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ヴァンガード大会~7/30~

魔侯襲来 on 7/26

comment iconコメント

comment avater

-

No title

トムはVがオラシンじゃないと無理ですん。
可能ならとっくにブロケードさんが暴れてました。
通りすがりサーセン

2011年07月31日 02:48

comment avater

マダまだ蕾

Re: No title

> トムはVがオラシンじゃないと無理ですん。
> 可能ならとっくにブロケードさんが暴れてました。
> 通りすがりサーセン

コメントどうもです。
もちろん知ってますが、ヴァンピーアのほうがRでも効果発動可能なので、
Vにアマテラス、Rに トム・ヴァンピーアのようにすればトムはガード不可になります
自分の言葉が足りなかったですね。

2011年07月31日 07:10

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。