上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

例になく、またもやわくわくを通り越していらいらしている、”コザッキー”です。

今回は、「魔侯襲来で強化されたんだぜ!!」…の(残念な)<たちかぜ>デッキ、しかも単クランデッキについて考察・構築していきたいと思います。

ついでに、また紹介されたカード(効果未定だったカード)についても書いていきます。



…その前に、”コザッキー式ツクヨミ”に対して「”トム”のガード不可効果はVが<オラクルシンクタンク>のときだけですよ。」とコメントをいただいたので、少し補足を…。(もちろん、知ってます。)

Vには”アマテラス”を置き、”ヴァンピーア”の起動効果はリアで使用するようにして運用していきます。

言葉が足りずにすいません。



ロ澪「とっとと始めるぞ、早くしろ。」

コザッキー「お前が俺を急かすなど、100万光年早いわ!!」

ロ澪「”光年”は距離だ。じゃあ、グレード3から始めるぞ。」

暴君 デスレックス たちかぜ グレード3 10000 (第1弾) 
自【V】:このユニットがアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
自【V】:このユニットのアタックがヒットした時、あなたのリアガードを1枚選び、退却させる。

混沌竜 ディノカオス たちかぜ グレード3 10000 (第2弾) 
起【手札】:[あなたの<たちかぜ>のリアガードを2枚選び、退却させる]あなたのグレード2のヴァンガードがいるなら、このカードを公開してよい。公開したら、このカードをライドする。

餓竜 ギガレックス たちかぜ グレード3 10000 (第3弾) RRR
自【V/R】:あなたのターン中、他のあなたの<たちかぜ>のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+1000。

怒竜 ブラストザウルス たちかぜ グレード3 9000 (第3弾) 
自:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。 払ったら、あなたの山札から”怒竜 ブラストザウルス”を1枚まで探し、Rにコールし、その山札をシャッフルする。

コザッキー「<たちかぜ>において、安定と信頼の”デスレックス”はなんも考えずに4積みだな。」

ロ澪「その考え方はどうかと思うが、4積みは同意見だな。その後に”ディノカオス”・”ギガレックス”のどっちかを採用する感じだな。」

コザッキー「”ディノカオス”はスペリオルライド後はただのバニラだけど、スペリオルライドの条件は、”アリフ”・”イクシード”なんかと比べると、かなり簡単。”ギガレックス”は…まぁ、11000に単体で殴りにいける可能性を持ってる。」

ロ澪「この辺は好みだろうな。続けて、グレード2に行くか…。」

tukuyomi1.jpg
????「あれ?コザッキー。」

コザッキー「?なんだ、ツクヨミの”つっきー”。」

ロ澪「また、キャラが増えるのか…。この会話形式、読みやすいのか?」

つっきー「”ブラストザウルス”については話さないの?」

コザッキー「あいつはいらん!」
ロ澪「あいつはいらん!」

つっきー「…今日ふたりとも、仲いいね…。」

ロ澪「別にそんなんじゃないが、9000単体がスタンドしてもおいしくないし、手札1枚捨てるのも痛い。」

コザッキー「Vに9000置くのもきついしな。」

つっきー「ふぅ~ん。じゃあ、グレード2にいってみよぉ~。」

突撃竜 ブライトプス たちかぜ グレード2 9000 盾5000 (第1弾) 
自:[CB(1)]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から”鉄壁竜 シールドン”を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

砲撃竜 キャノンギア たちかぜ グレード2 11000 盾5000 (第2弾) 
自:このユニットがVかRに登場した時、あなたのリアガードを1枚選び、退却させる。
自【V】:このユニットが<たちかぜ>にブーストされた時、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

餓竜 メガレックス たちかぜ グレード2 10000 盾5000 (第3弾) 
(バニラ)

バキューム マンモス たちかぜ グレード2 9000 盾5000 (第3弾) 
自【V】:他のあなたの<たちかぜ>がRに登場した時、SC(1)してよい。

サベイジ・デストロイヤー たちかぜ グレード2 8000 盾5000 (第3弾) ?
自【V/R】:あなたのターン中、他のあなたの<たちかぜ>のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+1000。

コザッキー「<たちかぜ>において、安定と信頼の11000アタッカー、”キャノンギア”と10000バニラの”メガレックス”はなんも考えずに4積みだな。」

ロ澪「だから、その考え方はどうかと…、まぁ、否定しないがな。」

つっきー「ほんとに今日は意見があうねぇ~。」

ロ澪「議論できるほど選択肢がないんだよ…。」

コザッキー「あとは攻撃後、”デスレックス”の効果で、退却・10000盾になれる”ブライトプス”を3~4枚、ってところか。」

ロ澪「あぁ、SBの使わない<たちかぜ>に”バキューム マンモス”は必要ないし、”サベイジ・デストロイヤー”にいたっては、使う価値が見当たらない。」

つっきー「価値がないのはかわいそうだねぇ…。じゃあ、グレード1に行こう!!」

ソニックノア たちかぜ グレード1 8000 盾5000 (第1弾) 
(バニラ) 

翼竜 スカイプテラ たちかぜ グレード1 6000 盾5000 (第2弾) 
自:[CB(1)]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、あなたの<たちかぜ>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、このカードを手札に戻す。

サベイジ・ウォーリア たちかぜ グレード1 6000 盾5000 (第3弾) 
自【V/R】:あなたのターン中、他のあなたの<たちかぜ>のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+1000。

アーク・バード たちかぜ グレード1 6000 盾0 (第3弾) RR
自:[あなたの手札から<たちかぜ>を1枚選び、捨てる]このユニットがGに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたの<たちかぜ>はヒットされない。

怒竜 スパークザウルス たちかぜ グレード1 5000 盾5000 (第3弾) 
自【V/R】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から”怒竜 スパークザウルス”を1枚まで選び、Rにコールし、山札をシャッフルする。

コザッキー「<たちかぜ>において、安定と信頼の完全ガード、”アーク・バード”は4積み必須!たぶん出費はここだけだな。」

つっきー「そうだねぇ~。”ギガレックス”はストレージの常連になるだろうしねぇ~。」

ロ澪「…。あとは8000バニラの”ソニックノア”と退却後、手札に戻る”スカイプテラ”が4積みかな。」

コザッキー「そうなるだろうな。」

つっきー「そうなると今12枚だけど、あと1~2まいはどうするのぉ~?」

コザッキー「…ここは、まだ”ディノカオス”とシナジー組める”スパークザウルス”なんじゃないかな。」

ロ澪「そうかな?ここは、”サベイジ・ウォーリア”でも、どっちでも変わらないんじゃないか?」

コザッキー「この辺は組んでみてからかな…。」

つっきー「難しいねぇ~。じゃあ、最後はグレード0だね!!」

鉄壁竜 シールドン たちかぜ グレード0 6000 盾10000 (第1弾) 
(バニラ)

ドラゴンエッグ たちかぜ グレード0 4000 盾10000 (第2弾) 
自【V】:他の<たちかぜ>がこのユニットにライドした時、このカードをRにコールしてよい。
自:[CB(1)]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、あなたの<たちかぜ>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、このカードを手札に戻す。

ブラックキャノン・タイガー たちかぜ グレード0 4000 盾10000  (第3弾) 
自【R】:このユニットがブーストしたバトル中、アタックがヒットした時、SC(1)してよい。SC(1)したなら、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

草食竜 ブルートザウルス たちかぜ グレード0 5000 盾5000  (第3弾) 
(バニラ)

群竜 タイニィレックス たちかぜ グレード0 5000 盾10000  (第3弾) 
(バニラ)

サベイジ・シャーマン たちかぜ グレード0 5000 盾10000  (第3弾) 
(バニラ)

コザッキー「FVは”ドラゴンエッグ”。”ブライトプス”を使うなら”シールドン”を2枚くらい採用したいな。」

つっきー「トリガー、ほんとにドローいらないねぇ~。」

ロ澪「混色ならまだ面白いデッキになりそうだけどな、<ロイパラ>あたりとか…。」

コザッキー「うん…。でも、今回は単クランっていうことで考察してるから、そういうことで進めよう。」

ロ澪「そうなると、”デスレックス”で大きな一撃を持ちながら、”ブライトプス”・”スカイプテラ”・”ドラゴンエッグ”で退却後手札を増やして、守りを固める、<グランブルー>に近い動きになるのか…。」

つっきー「Rで使えるグレード3がいない、っていうのも同じだしねぇ~。」

ロ澪「でも、一応”ギガレックス”がいるから単体で11000は作れる…。」

コザッキー「…そう考えると、なかなかうざったい動きするんじゃ…。」




…という夢を見ました(笑)。
意見・アドバイス待ってます。たちかぜを強くし隊!!



では、新しい情報を…。

魔界侯爵 アモン ダークイレギュラーズ グレード3 10000 RRR
永【V】:あなたのターン中、あなたのソウルの<ダークイレギュラーズ>1枚につき、このユニットのパワー+1000。
起【V】:[CB(1),あなたの<ダークイレギュラーズ>のリアガードを1枚選び、ソウルに置く]相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。

コザッキー「つえぇぇぇ~。なにこれ、ヤバス!?」

ロ澪「ソウルの質より量をとる<ダークイレギュラーズ>にとって、ソウルの枚数×1000アップがまず強いな。」

コザッキー「しかも自分でソウル増やしながら相手のリアを除去、って”ブレイジングフレア”涙目!!」

つっきー「そうかなぁ?ドロー効果持ちのない<ダークイレギュラーズ>にとって、後半の能力は使いづらいんじゃないかなぁ?」

ロ澪「私もその意見に賛成だな。しかもCBも使うから、”ヴァンピーア”とは共存しにくいし、除去対象を選ぶのは相手だし…。」

コザッキー「う…、なんか議論っぽくなってる…。」

つっきー「2つデッキ作っちゃいなよぉ~。」

コザッキー「やめて!”つっきー”に加えて、さらにお金がとぶから!!」

ナイトメアドール ありす ペイルムーン グレード3 10000 RRR
自【R】:[CB(1),このユニットをソウルに置く]このユニットのアタックがヒットした時、あなたの<ペイルムーン>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったらあなたのソウルから”ナイトメアドール ありす”以外の<ぺイルムーン>を1枚選び、Rにコールする。

コザッキー「”ミッドナイト・バニー”のアタッカー版、それが”ナイトメアドール ありす”DA!!」

ロ澪「気合いはいってるな…。まぁ、”クリムゾン・ビーストテイマー”への依存度が下がるのはいいが、ソウルの質を求めるために、Vは”宵闇の奇術師 ロベール”・”CEO アマテラス”のデッキトップ操作が重要になりそうだな…。」

つっきー「”ミッドナイト・バニー”のブーストヒット時からRに出せるから、うまくいけば、グレード2の状況でもだせるねぇ~。そうなると、”ミラーデーモン”の効果はなんだろうねぇ~。」

ロ澪「…案外、”ありす”と同じ能力なんじゃないか?」

コザッキー「そんな夢もキボーもないこといわないで!!」

ロ澪(”ありす”ヒット→”ミラーデーモン”出現→”ミラーデーモン”ヒット→”ありす”出現…、ってCBがある限りできる、結構夢のあることだと思うけど…。)

超次元ロボ ダイユーシャ ディメンジョンポリス グレード3 10000 RR
自【V】:あなたのアタックステップ開始時、このユニットのパワーが14000以上なら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1。

コザッキー「変形!合体!!…」

ロ澪「落ち着け。見切り発車は怪我するぞ。」

つっきー「これ、”マスクドポリス グレンダー”2体で先に攻撃すればいいってことだよねぇ?」

コザッキー「そうだ!!…、ほかに活用法はないのか!?」

ロ澪「いまのとこ、ないんじゃないか?まだまだ発展途上だから、強化を待ちなさい。」

コザッキー「はぁ~い。」



tukuyomi1.jpg
つっきー「”ロ澪式ツクヨミ”も紹介しないのぉ?」

コザッキー「…紹介するか!明日、明日時間あったらしよう!!」

つっきー「明日やろーは、ばかやろー、だよぉ~。」

コザッキー「…ていうか、もう日にち変わってるのか…。」



では、今回はこの辺で…。

長々長文失礼しました。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ロ澪式~朧月~

ヴァンガード大会~7/30~

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。