上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いらいらも通り越してしまっている”コザッキー”です。

今回は、前の<たちかぜ>のとき同様、<ダークイレギュラーズ>の考察をしていきたいと思います。

では、グレード3から…。

<ダークイレギュラーズ>
デーモンイーター ダークイレギュラーズ グレード3 10000 (第1弾) 
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
自【V/R】:[SB(8),CB(5)]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードをすべて退却させる。

エーデル・ローゼ ダークイレギュラーズ グレード3 9000 (第3弾) RR
起【V】:[CB(2)]あなたのソウルに”ヴェアヴォルフ・ズィーガー”があるなら、そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
起【手札】:[このカードを相手に見せ、山札の上に置く]あなたの山札から”ヴェアヴォルフ・ズィーガー”を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

シュティル・ヴァンピーア ダークイレギュラーズ グレード3 10000  (第3弾) RRR
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
起【V/R】:[SB(8),CB(5)]相手のリアガードを1枚選び、相手のVに置き、そのターンのエンドフェイズ開始時、相手は自分のソウルから1枚選び、ライドする。

魔界侯爵 アモン ダークイレギュラーズ グレード3 10000 (第3弾) RRR
永【V】:あなたのターン中、あなたのソウルの<ダークイレギュラーズ>1枚につき、このユニットのパワー+1000。
起【V】:[CB(1),あなたの<ダークイレギュラーズ>のリアガードを1枚選び、ソウルに置く]相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。

mio5.jpg
ロ澪「…で、今回も”シュティル・ヴァンピーア”軸が強いとかいうのか?」

コザッキー「…そういうってことは、お前も気づいたか…。」

tukuyomi1.jpg
つっきー「…?、どういうことぉ?」

コザッキー「プロキシなどでまわしてみた結果…、<ダークイレギュラーズ>の単クランデッキでは”シュティル・ヴァンピーア”を使用せず、”魔界侯爵 アモン”を使って除去コンのような動きをしたほうが安定することが判明した。」

ロ澪「ドロートリガーもないし、かなり防御が薄いから”シュティル・ヴァンピーア”の一撃必殺のような動きは難しいんだ。」

つっきー「あぁ~、なるほどぉ~。」

コザッキー「だから、”魔界侯爵 アモン”が4枚、俺はあとは、”デーモンイーター”・”エーデル・ローゼ”が2枚ずつになってる。友達は”ブレイジングフレア・ドラゴン”を使ってたけどね。」

ロ澪「あぁ、なるほど…、除去効果時に+3000か…。その発想はなかったな…。お前も使えば?」

コザッキー「でも、俺にも一応プライドというものが…。」

ロ澪「そんなもの、はるか昔に忘れてきただろ!!(笑顔)」

コザッキー「…。」

つっきー「…いっ、いろいろありそうだけどぉ、そうなると、”シュティル・ヴァンピーア”は使われないのぉ?」

コザッキー「いや、”シュティル・ヴァンピーア”は強いよ。ただ、<ダークイレギュラーズ>の単クランデッキでは使われないと思うだけ。ソウルチャージする他クランに派遣するだけで十分強い。」

ロ澪「お前の作った、~ダーク・ハーフ・ムーン~なんかがそうだな…。」

つっきー「なるほどねぇ~。じゃあ、グレード2に行こうぅ~。」

ブルー・ダスト ダークイレギュラーズ グレード2 9000 盾5000 (第1弾) 
自【V/R】:このユニットのアタックがヒットした時、あなたの<ダークイレギュラーズ>のヴァンガードがいるなら、SC(1)してよい。

ヴェアヴォルフ・ズィーガー ダークイレギュラーズ グレード2 10000 盾5000 (第3弾) 
(バニラ)

グウィン・ザ・リッパー ダークイレギュラーズ グレード2 9000 盾5000 (第3弾) RR
自:[CB(2)]このユニットがVかRに登場した時、あなたの<ダークイレギュラーズ>のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のグレード2以下のリアガードを1枚選び、退却させる。

囚われの堕天使サラエル ダークイレギュラーズ グレード2 11000 盾5000 (第3弾) 
永【V/R】:拘束(このユニットはアタックできない。)
起【V/R】:[SB(3)]そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
自【V】:このユニットが<ダークイレギュラーズ>にブーストされた時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

退廃のサキュバス ダークイレギュラーズ グレード2 9000 盾5000 (第3弾) 
自【V】:あなたの<ダークイレギュラーズ>がRに登場した時、SC(1)してよい。

熱望の悪魔 アモン ダークイレギュラーズ グレード2 8000 盾5000 (第3弾) 
永【V/R】:あなたのターン中、あなたのソウルの<ダークイレギュラーズ>が6枚以上なら、このユニットのパワー+3000。

コザッキー「やっぱり大量SCができる可能性がある”退廃のサキュバス”は4積みかなぁ…。」

つっきー「でもぉ、これを、後から引いてもただの9000バニラなんだよねぇ~。」

ロ澪「でも、9000アタッカー&インターセプトとして使えるし、もし使えなくても”魔界侯爵 アモン”の効果で除去に変えてしまえばいい。」

つっきー「あぁ~そっかぁ~。」

コザッキー「(なるほど…)あと、”シュティル・ヴァンピーア”を使わないなら、”熱望の悪魔 アモン”を4積みしてもありだよな。」

ロ澪「あぁ、後は除去コンっぽくするなら”グウィン・ザ・リッパー”も2~3枚積んでもいいな。」

コザッキー「あとは、”ヴェアヴォルフ・ズィーガー”・”ブルー・ダスト”を好みで、って感じか?」

つっきー「”囚われの堕天使サラエル”はぁ?」

ロ澪「いくら<ダークイレギュラーズ>でも、SB3の拘束解除はきつすぎる。」

コザッキー「いれてもいいと思うけど…たぶん使いづらいと思う。」

つっきー「へぇ~、じゃあ次はグレード1だねぇ。」

ナイトメア・ベイビー ダークイレギュラーズ グレード1 6000 盾5000 (第1弾) 
自【R】:このユニットが”ブルー・ダスト”をブーストした時、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+4000。

プリズナービースト ダークイレギュラーズ グレード1 8000 盾5000 (第3弾) 
(バニラ)

誘惑のサキュバス ダークイレギュラーズ グレード1 7000 盾5000 (第3弾) 
自:このユニットがVかRに登場した時、あなたの<ダークイレギュラーズ>のヴァンガードがいるなら、SC(1)してよい。

漆黒の詩人 アモン ダークイレギュラーズ グレード1 6000 盾5000 (第3弾) 
永【V/R】:あなたのターン中、あなたのソウルの<ダークイレギュラーズ>が6枚以上なら、このユニットのパワー+3000。

ドリーン・ザ・スラスター ダークイレギュラーズ グレード1 6000 盾5000 (第3弾) RR
自【R】:あなたのメインフェイズ中、あなたのカードがソウルに置かれた時、あなたの<ダークイレギュラーズ>のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

悪夢の国のマーチラビット ダークイレギュラーズ グレード1 6000 盾0 (第3弾) RR
自:[あなたの手札から<ダークイレギュラーズ>を1枚選び、捨てる]このユニットがGに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたの<ダークイレギュラーズ>はヒットされない。

コザッキー「やっぱり、安定にSCできる”誘惑のサキュバス”は4積みかなぁ…。」

ロ澪「そこはそれでいいと思う。あと、”漆黒の詩人 アモン”・”ドリーン・ザ・スラスター”をどっちを採用するかだな。」

つっきー「?どっちも使えばいいんじゃないのぉ?」

コザッキー「”シュティル・ヴァンピーア”を軸にするなら”ドリーン・ザ・スラスター”優先だろうし、”魔界侯爵 アモン”を軸にするなら”漆黒の詩人 アモン”のがたぶん使いやすい。」

ロ澪「あとは完全ガード、”悪夢の国のマーチラビット”の枚数が難しいな。ほんとにドロートリガーがないのがきつい。」

コザッキー「”ナイトメア・ベイビー”は使われないとして、”プリズナービースト”はどうする?8000バニラは…。」

ロ澪「私は、正直なくてもいいと思ってる。9000ブーストになれるのが2種類いるからな。」

コザッキー「なるほど。じゃあそれで。」

つっきー「じゃあ、最後はグレード0だねぇ~。」

悪夢の国のダーククイーン ダークイレギュラーズ グレード0 4000 盾10000  (第3弾) 
自【R】:このユニットがブーストしたバトル中、アタックがヒットした時、SC(1)してよい。SCしたら、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

冥界のパペットマスター ダークイレギュラーズ グレード0 5000 盾10000  (第3弾) 
(バニラ)

ブリッツ・リッター ダークイレギュラーズ グレード0 5000 盾10000  (第3弾) 
(バニラ)

カースド・ドクター ダークイレギュラーズ グレード0 5000 盾10000  (第3弾) 
(バニラ)

ヴァーミリオン・ゲートキーパー ダークイレギュラーズ グレード0 5000 盾10000 (第3弾) 
自【V】:他の<ダークイレギュラーズ>がこのユニットにライドした時、SC(1)してよい。

ロック・ザ・ウォール ダークイレギュラーズ グレード0 5000 盾10000 (第1弾) 
自:このユニットがGからドロップゾーンに置かれた時、このカードをソウルに置く。

コザッキー「…やっぱり、ドロートリガーがないのがきつい!!」

ロ澪「”魔界侯爵 アモン”がかなりのオーバースペックだから、ドロートリガーが来ると、一気に環境トップぐらいまでいくと思うけどな…。」

つっきー「でもぉ、スタンド2種類もいらないよねぇ~。」

コザッキー「そうだよ…あと、”ロック・ザ・ウォール”はもういらないかな…。」

ロ澪「いらないだろ。引いても使いたい状況で使えないだろうし、こいつが使いたい状況もないだろ。」

コザッキー「やっぱりそうか…。<ダークイレギュラーズ>は次弾あたりにドロートリガーがきてからが勝負かな?」

つっきー「つまり、未来があるクランってことだねぇ~。<ロイパラ>は作りにくくなるしぃ~。」

コザッキー「”ばーくがる”がFVにないとかなりきついよな。」

ロ澪「”ハイドッグブリーダー アカネ”でもサーチできるけど、1ターン目にあるのとないのでは天と地の差だしな…。SB使うし…。とりあえず、今回の<ダークイレギュラーズ>の考察は以上です。」

つっきー「明日は<ペイルムーン>の考察だよぉ~。」

コザッキー「ちょっと待て!!勝手に締めるな!!勝手に決めるな!!”ミラーデーモン”の効果が判明しないと無理なんだからね!!」



さぁ、「魔侯襲来」発売まで、あと31時間40分。

今回はこの辺で…、SSも書かないと…。

長々長文失礼しました。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ペイルムーン考察

ロ澪式~朧月~

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。